PIT工法

HOME 会長のご挨拶 P&D協会? PIT工法 DRM工法 うりん坊工法 ピットミニ工法 ストライク工法 協会員紹介

概要 特徴 作業フロー 施工手順 使用機器説明

概 要

揺動圧入式立坑構築機PC1500〜PC3000を使用し、専用の鋼製ケーシング(円筒)を地中に揺動しながら圧入し、その土留(仮設構造物)された鋼製ケーシング内を掘削し、規定の深さまで下げた後、底盤コンクリートを打設し、水替え後立坑として構築するもので、無振動・低騒音地球にやさしい工法です。 PC1520施工例
先端ケーシング建込
戻る

特 徴

安全性に優れています!
立坑内での人為作業が少ないため、安全管理が容易です。(接続ボルト着脱等)
鋼製ケーシング使用のため掘削による地山の崩落の恐れがありません。

施工性に優れています!
人為作業は鋼製ケーシングの溶接及び連結のみで殆ど機械作業で済むため、施工性に優れています。
自立性に乏しい地盤であっても薬液注入等の、補助工法は不要(坑口は必要)です。
工期短縮、工数の減少により低コストで仕上がります。

無振動・低騒音です!
ケーシングの圧入・引抜を油圧シリンダーにて操作しますので無振動・低騒音です。
PC3000
操作性が抜群です!
誰でも簡単に運転できます。

高精度に仕上がります!
精度保持装置により簡単に芯が出せます。

本工法はこんな用途にも使用できます!
推進途中の障害物の除去に。
既設マンホールの改築等に。
マンホール設置に。
戻る

作業フロー

作業フローの図
戻る

施工手順

※下記寸法等は水中掘削PC1520の場合です。   
ケーシング圧入工法の施工手順の図
1. ケーシングの刃先を先行させつつ圧入掘削を行います。
2. ケーシング内に注水することにより、周囲の地山をゆるめることなく水中掘削を行います。
3. トレミー管を使って水中でコンクリートを打設します。
4. コンクリートを打設後、ケーシングを一部引抜き、コンクリート硬化後に水替えをします。
戻る

使用機器説明

1<PC立坑構築機>
  PC1500施工呼び径φ1000〜φ1500
PC1520施工呼び径φ1500〜φ2000
PC2500施工呼び径φ2000〜φ2500
PC3000施工呼び径φ2500〜φ3000

本体の図


2<施工機械器具構成>
PC立坑構築機 PC1500からPC3000 ケーシング圧入用
(PC1500圧入機は、道路幅員が狭いためPC1520が設置困難で、かつ掘削深が7m以下の場合に使用します。)
掘削機 油圧クラムシェル・テレスコピック式 掘削積込み用
カウンターウェイト 立坑構築機の反力用
発動発電機 立坑構築機の動力源
電気溶接機(ディーゼルエンジン付) 鋼製ケーシングの溶接
トラッククレーン 立坑構築機設置及びケーシングの建込み用
ダンプトラック 10t積・4t積または2t積 発生土の運搬
仮設ケーシング 圧入時のケーシングのつかみしろとして使用

3<適用条件>
   1適用土質
砂質土・粘性土・礫質土(礫径 200mm以下)
工事箇所の土質は土質調査、周辺工事などの土質、地形等により判定します。
掘削断面内に異なる2種類以上の土質がある場合、土質別に適用します。
土質地盤などにより、鋼製ケーシングが浮上またはケーシング耐荷力に対する検討を要する場合は協会にご相談ください。
2鋼製ケーシング種類
   (1)先端ケーシング
   (2)中間ケーシング
   (3)最終ケーシング
   (4)仮設ケーシング

ケーシング(SS400一般構造用圧延鋼材)の寸法は下記を標準とします。

(単位:mm)
呼び径 外 径 内 径 肉厚t 質量(kg/m)
1500 1590 1566 12 467
1800 1890 1866 12 556
2000 2090 2066 12 615
2500 2590 2552 19 1205
3000 3090 3046 22 1664

注記 1) 立坑1基毎に、肉厚は同一のものとします。
3) 礫質土及び粗石層等現場状況によってはこの限りではありません。
3) 刃先の形状及び肉厚については施工条件(掘削深、土質など)より別途考慮します。
先端ケーシング円形覆工板 分割型円形覆工板 一体型
先端ケーシング           円形覆工板 分割型             円形覆工板 一体型
戻る